受験勉強の効果的な息抜き方法と息抜きの注意点も紹介!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

勉強

受験勉強を長い時間勉強ばかりだと、どうしても疲れてしまい、息が詰まります。

子どもも、勉強ばかりだと集中力が途切れてしまい、勉強がはかどらないようです。

しかし息抜きする事で、体力や集中力が回復してより効率的に勉強がはかどります。

受験勉強の息抜き方法はどんな方法があるのでしょうか?

この記事では、受験勉強の効果的な息抜き方法、受験勉強の息抜き注意点を紹介します。

受験勉強の効果的な息抜き方

受験勉強の効果的な息抜き方法を紹介します。

散歩する

室内との温度が違う為、頭が冴えリフレッシュにつながります。

散歩する事で、椅子に座り続けて固くなった筋肉がほぐれ、血流が良くなります。

気分転換になり、眠気もなくなります。

仮眠する

集中して、勉強していると眠くなってしまいます。

眠いときは、寝て頭をスッキリさせましょう。

寝る時間は、「10~15分程度

長く寝てしまうと目覚めた時に眠気が増してしまうので、目覚ましやタイマーをセットし寝すぎを防止しましょう。

ストレッチする

散歩するのが難しい時は、その場で軽くストレッチすると、血行が良くなり頭も冴えて眠気が覚めます。

新鮮な空気を吸う

新鮮な空気を吸う事で、体内に十分な酸素が取り込まれ、血液が浄化されます。

そうする事で、脳の働きを活性化します。

好きな音楽を聞く

自分の好きな音楽を聞くと脳内でドーパミンが、分泌されます。

ドーパミンが分泌されると、人間は高揚した気分になります。

苦手な科目を勉強する時は、精神的ストレスがかかるので、勉強前に音楽を聞くのはおすすめです。

ドーパミンが過剰に分泌されてしまうと落ち着かないので、時間を決めて音楽を楽しみましょう。

集中力アップのお菓子を食べる

集中力アップするお菓子を紹介します。

ラムネ

脳が疲れていると感じる場合は、ブドウ糖の摂取がおすすめです。

ブドウ糖は、脳のエネルギー源となるため、脳の活性化や集中力が向上します。

小腸から吸収されて、肝臓、血液に入ってすぐにエネルギーになります。

ブドウ糖が90%以上入っています。1粒が1.5倍の大きさで、食べ応えアップ。

チョコレート

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールを摂取すると、脳の血流量および認知機能をアップさせるBDNFという栄養素が増える可能性があることが分かっています。

一般的なチョコレートよりも多くのカカオポリフェノールを含む高カカオチョコレート。

ドライフルーツ

ドライフルーツは、脳への栄養補給に適しています。

ドライフルーツに含まれる天然の糖分が、栄養補給になります。

噛み応えがあるので、脳を活性化させる点で集中力アップに適しています。

食べすぎは、逆効果です。食べる量に注意しましょう。

特に22時以降は、食べものを摂取すると脂肪に変わりやすいので注意が必要です。

それではその他の息抜き法を紹介します。

その他にもある息抜き方法

  • 好きな飲み物を飲む
  • テレビを見る
  • YouTubeを見る
  • ゲームで遊ぶ
  • 本を読む
  • 目を閉じる
  • 外を見る
  • 友達、家族、塾の先生などと話をする
  • 机の周りを掃除する

色々な息抜き方法がありますね。

息抜きの注意点はあるのでしょうか?

受験勉強息抜きの注意点は?

息抜きのしすぎで、勉強時間が短くなる事です。

youtubeや、ゲームは、つい時間がすぎてしまいます。

子どもは、タイマーで時間を計りゲームを楽しんでいます。

タイマーを使うことで、集中して息抜き時間を楽しめます。

ゲームが楽しいと、「1日勉強しないでゆっくりしたい」と言ったりもします。

勉強は、丸1日休まない方が良いのでしょうか?

受験勉強は1日休まない方が良い?

勉強を1日お休みしたら、ペースを戻すのが大変です。

「みんな勉強しているのに…」と、一日休むと罪悪感が残ります。

毎日勉強していると習慣化してきます。

その習慣を崩してしまうと、モチベーションが低下してしまい元に戻すのが大変になります。

習慣化している場合は、短い時間でも毎日勉強を続けたほうが良いです。

受験勉強に効果的な息抜きの時間はどのくらいでしょうか。

受験勉強に効果的な息抜きの時間はどのくらい?

受験勉強の息抜き時間は、息抜き前の勉強時間の6分の1です。

例えば…

60分なら10分。

120分なら20分です。

息抜きも、しすぎはよくありません。

息抜きしている時は、勉強の事を考えないようにして息抜きに集中して下さい。

休む時は、休む。

メリハリが大事ですね。

自分にあった息抜き法は、ありますか?

自分にあった息抜き方法を探して、効率よく勉強してください。

まとめ

集中力の高い効果的な勉強するために、息抜きは重要です。

上手に息抜きする事で、リフレッシュできてやる気が上がり、勉強の効率もアップします。

脳が疲れていると感じる場合は、集中力アップに、ラムネ、チョコレート、ドライフルーツを適量を摂取しながら、息抜きしましょう。

受験勉強の息抜き時間は、息抜き前の勉強時間の6分の1です。

息抜きは、集中力を回復させて勉強をはかどらせるものです。

日々、「これが終わったら息抜きしよう!」と小さな目標を立てながら、勉強を頑張って下さい。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました